読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己紹介

高校生のころに神経科学者になることを志し、東大の理二に入ってまず生物学を学んでみたところ、自分の興味が神経科学のうちでも分子生物学的部分よりも上のレイヤー、特に電気や情報の扱いにありそうだと考え、進振りで工学部の電子情報工学科に進んだ後、大学院でバイオと電子・機械工学の融合領域で研究し、博士号を取ったポスドクです。

研究のことはいずれ書くかと思いますが、基本的にマイクロマシン(微小電子機械システム, MEMS)工学×バイオ(特に神経科学)×情報科学の融合領域を極めて行きたいと思っています。

ここでは、日々得た情報の整理や、考察・随筆、勉強の軌跡を残していくことで、のちのち自分で振り返りつつ研究に役立てたり、誰かのためになったら良いなと考えています。